知っておきたい!ドライアイになりにくいパソコンの使い方

ドライアイとは、目を守るのに必要な涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって目の表面の細胞に傷が生じ、傷から菌が入り込んで角膜炎になったりしてしまう目の病気です。
目をバリアする働きをしている涙が不足すると様々な障害が出てしまいます。目が疲れやすくなったり、目が乾く、物がかすんで見える、目がごろごろするなどの不快感で日常生活に影響が出てしまいます。
ドライアイによる疲れ目がストレスとなり、そのストレスが目を疲れさせるという悪循環が始まってしまいます。

そのドライアイの原因として考えられるのは、加齢により体の水分量が減ってしまうこと、コンタクトレンズにより目の瞬きの回数が減り涙が不足してしまうこと、そして近年一番多くの人の原因と考えられるのが長時間のパソコンの使用によるものです。
画面を集中して見ているとき、人は瞬きの回数が減ってしまいます。通常の4分の1の回数になってしまいます。
瞬きの回数が減ると、目の表面が涙で十分に保護されなくなり、目に傷がついて視覚障害を起こしてしまうのです。

しかし、仕事や勉強などで日々長時間のパソコン使用は必要不可欠の方が多いのが現実です。そこで、注意すべきことをしっかり守ることでドライアイを防いだり、緩和させることが出来ます。
まず、意識的にまばたきの回数を増やすことです。次に伏し目がちに画面を見るように姿勢を整えることです。目の角度を変えることで、目にかかる負担を軽減させることが出来るからです。パソコンのモニターを目より下に置くようにするのがベターです。そして直射日光やエアコンの風を避けて、明るい環境で使用することです。

目薬を点眼するのも有効的です。リラックスする時間を作ることも大切で、1時間に対して15分の休憩を取ることがベストです。以上のことを守るとかなりの確率で涙の量が増えます。
パソコンの利便性や必要性から、日常的に使用する現代だからこそ、目を労わり、目の健康を守りながら上手に生活することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です