ドライアイの豆知識:ドライアイをハーブティーで対策

眼精疲労がひどくなると、パソコンなどの画面を見ていてもまばたきが少なくなってしまうことがあります。
まばたきが少なくなってしまうと目が乾燥してしまい、瞳を保護してくれる涙の量が少なくなってしまいます。
こういった症状が慢性的になってしまうことがドライアイといって、涙の量が少なくなってしまったり、涙の成分に変化が起きて目を細菌などから守れなくなってしまい感染症にかかりやすくなってしまったりします。

ドライアイの症状が進行してしまうと、視力が低下してしまったり、角膜が乾燥してはがれてしまう角膜上皮剥離という病気を発症してしまう可能性があります。
その他にもドライアイになってしまうと、目が疲れやすくなってしまったり、目がかすんでみえたり、目がゴロゴロとして違和感を感じるなどの症状が出てくるようになります。

ドライアイになりやすい人は、コンタクトレンズをしていたり、長時間パソコンやテレビなどの画面を見続けることが多い人、エアコンの効いている乾燥した部屋に長時間いる人などです。また睡眠不足や車を良く運転する、高齢者など、目の疲れやすい生活習慣を送っている人もなりやすいので注意が必要です。
ドライアイを改善したり予防するためには、目を休めてあげることが重要です。

その他にもハーブティーなどで身体の内側からケアしてあげることも目の疲れや眼精疲労には効果的です。
ハーブティーには、血流を良くしてくれる効果があるものや、筋肉をほぐして疲れを回復してくれる効果のあるものなどがあります。
比較的購入がしやすくて、価格的にも手ごろなものが多いので、ドライアイ対策としても有効なのがハーブティーです。

その中でも眼精疲労に効果があるハーブティーは、例えばビルベリーやクランベリーなどのベリー系のハーブティーは眼精疲労や視力を回復してくれるなどの効果が期待できます。
その他にもいろいろな効果のあるハーブティーがあるので、いろいろ試してみるとよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です