コンタクトでドライアイになってしまった時には

視力の悪い人にとって欠かせないのがコンタクトレンズ。眼鏡と違い裸眼のような状態で過ごせて非常にありがたいものです。しかし、使い方を誤ると目に悪影響を与えてしまいます。その代表格であるのがドライアイです。ドライアイとは、目を守っているなみだが不足したり、状態が悪くなったりしてしまうことで、目の表面に傷がついてしまう病気です。コンタクトを使っているとどうしてもドライアイになりやすくなってしまいます。では、ドライアイになってしまった時にはどうすれば良いのでしょうか?
①原因
まずは、ドライアイの原因を知ることが重要です。コンタクトを使っていてドライアイになりやすいのには、なみだが大きく関係しています。コンタクトはなみだを利用して目の表面に浮いて効果を発揮します。しかし、それによってなみだが蒸発しやすくなったり吸い取られてしまったりすることが原因となってしまうのです。なみだは目のバリアのような役割を果たしているので、それが不足してしまうと目の細胞が傷ついてしまうのです。
②対処
対処として大事なのはまず目を休めることです。パソコンやスマートフォンなどを使っているととくに目を酷使してしまいがちです。したがって、パソコンなどの電子機器を利用する場合には1時間に5~10分程度目を休めることが大事です。また、ドライアイになってしまった場合にはまばたきを多くすることが大切です。まばたきを多くすると、なみだも多めに分泌されます。それによって不足しがちななみだの量を補うことができるのです。また、市販の目薬などを使うのも良いです。なるべくなみだに近い成分を含んだものを使用すると効果が大きいとされています。

いかがでしたでしょうか。ドライアイになると目が傷ついて日常生活に支障をきたしてしまいます。特にコンタクトを使っているとなりやすいことはお分かりいただけたと思います。上記のような対処法もありますが、もしそれでも不安な場合はすぐにお医者さんに相談しましょう。
そこまで重症ではないという時でも、目に良いサプリを導入するなどして目のケアに努めるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です